広告の種類

Googleアドセンスには様々な種類の広告があります。

・ディスプレイ広告
・関連コンテンツ広告
・リンクユニット広告
・記事内(ネイティブ)広告

細かく分けると他にも色々とありますよね。

実はこの中にはブログ記事内に掲載するだけで、
クリック率(ページCTR)が上がる広告の種類があるんです!

僕が運営するブログでは新しいアドセンス広告を設置しただけで、
クリック率が0.5%~1%くらい上がり収益も増加しました。

ホントびっくりしました!

今回はその体験談をベースに、
クリック率を3%くらいにまで上げてくれるアドセンス広告の種類を解説します。

ぜひ参考にしてください。

アドセンス広告の種類を増やすだけでクリック率は上がる

クリック率(ページCTR)を上げるために、
アドセンス広告の掲載位置の見直しはよくやると思います。

記事上に入れたり、文章の中に入れてみたり、サイドバーに入れてみたり。
アドセンス広告の配置位置の試行錯誤はクリック率を上げるためには大切です。

でもアドセンス広告の種類を増やすだけでもクリック率って上がるんですよ!
普通に増やすだけでOKなのでホント手間いらずです。

アドセンス広告の種類を増やしたり、
ちょっと変えるだけでクリック率は上がります。

もしブログ記事内にディスプレイ広告しか掲載してないなら、
これ以上にもったいないことはないって言うくらいもったいないと思います。

Googleは不定期ではありますがアドセンス広告の新しい種類を作ってます。
なので定期的にアドセンス広告の種類も見直すのがおすすめです。

Googleアドセンス広告の種類

それではクリック率(ページCTR)を3%近くまで上げてくれる
Googleアドセンス広告の種類をご紹介していきます。

・ディスプレイ広告
・関連コンテンツ広告
・リンクユニット広告
・記事内(ネイティブ)広告
・カスタム検索向けボックス広告

もし未導入のアドセンス広告があれば検討してみてください。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はオーソドックスなGoogleアドセンス広告なので設置してると思います。

ディスプレイ広告サンプル

ただデフォルトのデザインのままなら少し勿体ないです。

・大きさを変更する
・ブログデザインに合わせる

こんな風に少しカスタマイズするだけで、
ディスプレイ広告のクリック率(ページCTR)は上がるんですよね。

テキスト色背景色をブログと揃えたり、
サイズをカスタマイズしたりするのをおすすめします。

カスタマイズのしすぎは、
ポリシー違反なので気をつけてください。

ディスプレイ広告のカスタマイズ方法は下記記事で解説してます。

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ広告はブログの関連記事の中にアドセンス広告が入ってるデザインです。

【※関連コンテンツ広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告の関連コンテンツ広告のイメージ

関連記事の中にアドセンス広告が掲載されてるので、
ユーザーの広告アレルギーを軽減させられるのが大きな特徴です。

僕が運営するブログで関連コンテンツ広告を導入したら、
ページCTR(クリック率)が0.5%~1%ほど上がりました。

いやほい!

なので関連コンテンツ広告を掲載しない理由などありません。

ただ関連コンテンツ広告を掲載するには条件があります。
しかもGoogleはその条件を明かしていません。

ま、まさかのトップシークレットか〜い!

逐一アドセンス管理画面を確認して、
設置できるようになったらすぐさま掲載すると良いですね!

関連コンテンツ広告の解放条件の目安はこちらで解説してます。

リンク広告

リンク広告は、テキスト形式でメニューのように表示されるデザインです。

【※リンク広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告のリンクユニット広告のイメージ

僕はリンク広告を設置したほうがいいと思ってるんですけど、
なかには設置しなくていいという意見もあります。

リンク広告の賛否
【賛成】
・デザインが他のアドセンス広告とカブってないから導入したほうがいい。
・ページCTR(クリック率)が上がるから導入すべき。
【反対】
・広告に到達するために2クリック必要だから、ユーザーにアクションを求めすぎ。
・リンク広告の単価が安いすぎだから収益効果を期待できない。

こんな感じで色んな意見があります。

僕が運営するブログでは「リンク広告」を導入してから、
クリック率が0.3%〜0.6%ほど上がりました。

広告単価は安いんですけど他の広告とデザインがカブってないので、
「リンク広告」分の収益は純増です。

なので「リンク広告」は設置するのがおすすめだと僕は思ってます。

リンク広告の設置方法は下記記事で解説してます。

記事内(ネイティブ)広告

記事内(ネイティブ)広告は、ディスプレイ広告に「もっと見るボタン」がついてるデザインです。

【※記事内(ネイティブ)広告のイメージ】

グーグルアドセンス広告の記事内(ネイティブ)広告のイメージ

記事内(ネイティブ)広告の特徴は「もっと見るボタン」です。

僕が運営するブログで「記事内(ネイティブ)広告」を設置したら、
クリック率(ページCTR)は1.2倍~1.3倍くらい増えました。

ただ「ディスプレイ広告」とデザインがカブってるんですよね。
なので掲載数のバランスがポイントだと思ってます。

ディスプレイ広告を3つ設置してるなら、
その1つを記事内広告に変更してみるとか。

それでクリック率の様子を見ながら設置数を調整するのがおすすめです。

記事内広告の設置方法は下記ブログ記事で解説してます。

カスタム検索向けボックス広告

カスタム検索向けボックス広告は検索窓(※Search部分)が広告になるデザインです。

【※カスタム検索向けボックス広告のイメージ】

カスタム検索ボックス広告

「カスタム検索向けボックス広告」でブログ内を検索してみると、
検索結果が「検索エンジンの検索結果」みたいになります。

ブログ記事一覧の上に、
リスティング広告が表示されます。

【※カスタム検索向けボックス広告の検索結果画面のイメージ】

カスタム検索向けボックス広告の検索結果画面

カスタム検索向けボックス広告の特徴は、
ブログ内の検索部分をアドセンス広告にできる部分です。

検索が頻繁にあるブログでないと収益は期待できませんが、
他のアドセンス広告とデザインがカブってないないですし、
設置しないよりはしたほうがいいと思います。

ブログ内に検索ボックスは必ず設置しますしね!

「カスタム検索向けボックス広告」の設定方法は下記記事で解説してます。

アドセンス広告の種類は増やした方が良い

今回は、Googleアドセンス広告の種類を解説しました。

ブログ記事に設置するアドセンス広告の種類を増やすだけで、
クリック率(ページCTR)は上がります。

アドセンス広告の種類を増やすのは30分もあればできますし、
導入したその日からクリック率は上がるので、やらない手はありません。

Googleも不定期で新たなデザイン広告を開発してます。

収益効果があるかはわかりませんが、
アドセンス広告の種類にも意識を向けるといいですね。