今回は、Googleアドセンスの「テキスト&ディスプレイ広告」のサイズをレスポンシブのままで最大限の大きさに変更する方法を解説していきます。

僕の運営するブログでは「テキスト&ディスプレイ広告」がメイン収益源になるので、今までデザインやサイズを色々とカスタマイズして試行錯誤してきました。

そのなかで1つだけ確かなことは「広告サイズは大きいほうが良い」ということです。

実際に僕が運営するブログで「テキスト&ディスプレイ広告」のサイズを最大にしたらクリック率(ページCTR)は上がりましたし、他の情報を見てみても広告サイズは大きいほうが良いという意見も多かったです。

また新聞や雑誌、ニュースアプリや電光掲示板なども広告サイズが大きければ大きいほど、一般的に広告出稿費が高くなります。

なので広告サイズは大きいほうが良いし、Googleアドセンス広告のサイズ変更はとても簡単なのでカスタマイズしていきましょう。

広告は大きい方が良い!

広告は大きければ大きいほど、インパクトが強いので印象に残ったりしますよね。

新聞だったら一面広告、雑誌だったら表紙裏の見開き両面ページの広告、スマホニュースだったら記事広告など。

多くの人への認知やブランディングが第一の目的なら、シンプルに広告サイズが大きかったり商品紹介のボリュームが多いほうが人の印象に残りやすいです。

なので、Googleアドセンスの「テキスト&ディスプレイ広告」のサイズも大きいほうが良いんです。

また広告サイズは大きいほど広告出稿費が高くなる傾向があります。

新聞や雑誌なら1ページよりも2ページ、電車内の広告や電光掲示板でもサイズが大きければ大きいほど広告費は高くなります。

だから「テキスト&ディスプレイ広告」でも大きければ大きいほど広告単価が高い傾向はあるんです。

さらに!

Googleアドセンス広告の「テキスト&ディスプレイ広告」に限って言えば、ページCTR(クリック率)も上がるんですよね。

実際に僕が運営するブログで広告サイズを最大にしたらページCTRが約0.5%上がりましたし、他でも広告は大きいほうがページCTRが上がるという情報は多くあるんですよね。

なので、広告サイズもAdSense広告の「テキスト&ディスプレイ広告」もサイズが大きいほうが良いんです!

またGoogleアドセンス広告のクリック率(ページCTR)を上げる方法については下記ブログ記事で詳しく解説してます。

レスポンシブは絶対

Googleアドセンス広告は大きさともう1つ大切なことがあります。

それは「レスポンシブ」は絶対だということ。

「レスポンシブ」とは広告サイズをブログ訪問者の端末画面に合わせて最適サイズに自動変換してくれる設定です。

パソコン画面でもスマホ画面でもタブレット画面でも最適な広告サイズにしてくれるんです。

逆にアドセンス広告を「レスポンシブ」にしてないとパソコン画面では綺麗に見れても、スマホやタブレット画面では広告が綺麗に表示されてない状況になったりします。

多くの場合はアドセンス広告が画面からはみ出たりします…。

この状態はブログとしてはかなりダサいし、クリック率(ページCTR)もガクンっと下がります。

なので、Googleアドセンス広告のレスポンシブは絶対に譲れないことなんです。

広告サイズをカスタマイズしてるひと

広告サイズ最大×レスポンシブ

僕は「テキスト&ディスプレイ広告」は「広告サイズ最大×レスポンシブ」が今のところベストだと思っています。

ちなみに、レスポンシブだけでもクリック率(ページCTR)は2%前後までは維持できると思います。

アドセンス広告の設置数を多くしたり、広告種類を増やせば十分に可能です。

ただ、ページCTRが3%前後までになるのはむずかしいと個人的には思ってます。

というのも、レスポンシブだけだと広告サイズが大きかったり小さかったりするんですよね。

そうなると広告サイズが小さいときが勿体ないんです…。

なので、Googleアドセンス広告の「テキスト&ディスプレイ広告」は「大きさ最大×レスポンシブ」が良いんです!

Googleアドセンス広告サイズの変更方法

では、Googleアドセンス広告のサイズをレスポンシブで最大限の大きさに変更する方法を解説していきます。

広告コードの一部を変更するだけでカスタマイズは完了します。

めちゃくちゃ簡単です!

まず、Googleアドセンス広告のコード内の下記部分を探してください。

 

【変更前】 data-ad-format="auto"

 

そして、変更するのはこの部分の"auto"です。"auto"を"rectangle"に変更します。

 

【変更後】 data-ad-format="rectangle"

 

これでアドセンス広告サイズをレスポンシブで最大限の大きさにする変更は完了です。

このコードをブログ内に貼り付ければ、画面サイズごとで一番大きいサイズの広告が表示されます。

デザイン変更方法

「テキスト&ディスプレイ広告」サイズをレスポンシブ版で最大化すると、クリック率(ページCTR)が上がります。

また「テキスト&ディスプレイ広告」のデザイン変更をすることで、さらにページCTRの向上に繋げることが可能です。

なのでサイズ変更が完了したら、デザインカスタマイズもしていきましょう。

「テキスト&ディスプレイ広告」デザインの詳しいカスタマイズ方法については下記ブログ記事で解説してます。

テキスト&ディスプレイ広告も大切!

今回は、アドセンス広告サイズをレスポンシブで最大限の大きさに変更する方法について解説しました。

Googleアドセンス広告のなかでも「テキスト&ディスプレイ広告」って割とデフォルト状態のまま設置されてることが多いです。

だけど、Googleアドセンス広告のなかのメイン収益源は「テキスト&ディスプレイ広告」である場合が多いと思います。

なので「テキスト&ディスプレイ広告」のサイズを変更したりデザイン変更するなどして、クリック率(ページCTR)を上げれば、そのまま収益に繋げることができます。

 

OTHER POSTS