関連コンテンツ

今回は、関連コンテンツ広告の出現条件や設置方法と「収益効果」をお話していきます。

Googleアドセンスの「関連コンテンツ広告」を設置できればページCTRは上がるし、ブログ収入も確実に伸びますが、掲載するには一定の条件があります。

また「関連コンテンツ広告」の設定方法は簡単ですが、掲載位置を考慮しないと気づかぬうちにポリシー違反になってるケースもあります。

関連コンテンツ広告とは?

 

「関連コンテンツ広告」とは、おすすめ記事の紹介のなかにアドセンス広告が設置されてるデザインです。

 

  【※関連コンテンツ広告イメージ】

グーグルアドセンス広告の関連コンテンツ広告のイメージ

 

ご覧の通りブログ記事一覧の中にアドセンス広告が表示されるので、サイト訪問者に違和感なく広告を見てもらえます。

また広告タイトルも明らかに広告と分かるテキストではないのも「関連コンテンツ広告」の特徴です。

関連コンテンツ広告の出現条件

広告デザインや収益性が抜群な「関連コンテンツ広告」ですが、誰でも掲載できる広告ではなく条件があります。

アドンセンス審査に合格したばかりのブログや運営期間が短いサイトの場合だと、関連コンテンツ広告がアドセンス管理画面に表示されません。

 

関連コンテンツ広告の条件は2つです。

  • アクセス数(※ページビュー)
  • 記事コンテンツ数

関連コンテンツ広告の出現条件は上記2つだとGoogleは公表してますが、合格ラインの具体的な数値は明確にしてません。

 

なので参考までに僕のブログや周囲のブログ運営者から推測してみると…。

  • デイリーアクセスが5,000PV以上
  • 記事コンテンツ数が50以上

大体この辺りの数値が合格ラインだと思います。

この辺りの数値に近くなったら、アドセンス管理画面で確認してみると良いですね!

意外と「確認してみたら条件をクリアしてて設置できました!」という声も多いです。

関連コンテンツ広告の設定方法

では「関連コンテンツ広告」の設置方法を解説します。

まずはアドセンス管理画面「広告の設置」⇒「広告ユニット」から「+新しい広告ユニット」をクリックしてください。

そして、そのなかにある「関連コンテンツ広告」を選択しましょう。

 

アドセンス画面からの広告ユニットの設定方法

 

つぎに詳細の設定をしていきます。

(※詳細の設定方法については画像下で解説してます)

 

アドセンス画面からの関連コンテンツ広告の設定画面の説明

 

関連コンテンツ広告の詳細の設定項目

 

4つほど設定する場所がありますが、基本は「デフォルト設定」でOKです。

 

ただスタイルに関してはブログデザインと一体化させるのをおすすめします

たとえばブログやサイトの背景色が「黒」なら、広告背景色も「黒」にする感じです。

設定できたら「保存してコードを取得」をクリックして、コンテンツ内に貼り付けていきます。

関連コンテンツ広告の掲載位置

関連コンテンツの掲載位置は、2つの場所をおすすめします。

  • ブログ記事の終わり
  • ウィジェット(サイドバー)

「関連コンテンツ」の広告デザインは記事一覧形式なので、「ブログ記事終わり」なら違和感なくユーザーに見てもらえるし、ウィジェット(サイドバー)ならコンテンツとして見てもらえます。

 

また関連コンテンツ広告は、テキスト部分に「広告」と明記されてるのでスペースが確保できてれば、「スポンサード」などの広告表記も必要ありません

ただ注意点が2つあります。

 

関連コンテンツ広告の設置に関する注意点
・「関連記事はこちら」や「おすすめ記事はこちら」などGoogleが許可してない広告ラベルは使用しない。
・スマホで確認する

 

まず広告ラベルですが「関連記事はこちら」や「おすすめ記事はこちら」など、Googleが許可してない広告ラベルは使用しないでください。

アドセンスポリシー違反になります。

 

また関連コンテンツ広告を設置したら、必ずスマホで確認しましょう。

「ブログ記事終わり」と「サイドバー」に設置してると、関連コンテンツ広告がダブってる可能性があります。(スマホ画面だとサイドバーが記事下に移動するので)

これもポリシー違反になる可能性があるし、何よりサイト訪問者にとってストレスでしかありません。

なのでアドセンス広告同士が近いなら、広告ラベル表記をしましょう。

 

広告ラベルの表記方法は下記ブログ記事で解説してます。

関連コンテンツ広告の収益効果

さいごに関連コンテンツ広告の「収益効果」を僕が運営するブログ情報をもとにお話します。

 

収益効果とクリック率(ページCTR)の変化※UZU(ゆず)調べ
・全体のアドセンス収益の「30%」が関連コンテンツ広告。
・クリック率(ページCTR)は「0.5%~1%」はアップ。

 

「関連コンテンツ広告」を導入したあと収益効果は1.3倍になり、クリック率(ページCTR)は0.5%~1%」ほどアップしました。

ただ僕が運営するブログのデータなので、すべてに当てはまるとは言い切れません…。

 

だけど僕の周りのブログ運営者たちも関連コンテンツ広告を設置後に「収益」は増えてますし、「クリック率(ページCTR)」も上がってます。

なので関連コンテンツ広告には収益効果は十分にあるし、クリック率(ページCTR)も確実に上がると思います。

定期的にアドセンス管理画面を確認しよう

今回は、関連コンテンツ広告の出現条件や設置方法と「収益効果」を解説しました。

関連コンテンツ広告には出現条件がありますが、収益効果やクリック率(ページCTR)への貢献度はかなり高いです。

また「条件に満たしてないと思ってて、実は条件を満たしてましたケース」は、ホントよく聞くので定期的にアドンセンス管理画面をチェックするのをおすすめします。

OTHER POSTS