続けるべきか辞めるべきかで迷うひとたち

嫌な仕事を毎日毎日してると「辞めたい!」と思うときはあります。

たまたま今の会社で働いてるだけだし、世の中には多くの会社や仕事はあるんだから、そこまで我慢する必要はありません。

 

それなのに「辞める!」と決断できないのは、「嫌な仕事でも続けるメリット」が頭をよぎるからですよね。

 

「嫌な仕事を続けてたら忍耐力がつく」とか「転職活動を成功させるには最低でも3年間は働いたほうがいい」などのメリットがあったり、ときには「社会人なら嫌な仕事でも我慢すべき」という倫理観が邪魔をしたりするので、本当に辞めても良いのかと悩んでしまうんです。

 

なので今回は嫌な仕事でも「続けるべき」か、それとも「辞めるべきか」の決断方法をお話します。

大切なのは、後悔しない決断をすることです。

嫌な仕事でも続けるメリット

嫌な仕事でも続けるべきなのかな?

 

こんな風に迷ってしまうのは、嫌な仕事でも続けてたらメリットがありそうだからですよね。

 

僕も会社員だったころ、嫌な仕事でも続けるのが「自分のため」みたいな感覚がありました。

嫌な仕事を我慢して続けてたら忍耐力がつきそうだし、転職活動で不利にならないように最低でも3年間は働いたほうが良さそうだなっと思ったり。

 

こんな風にメリットがありそうなので、嫌な仕事でも続けるべきなのかと迷ってしまうんです。

 

なので頭の中を整理するために、嫌な仕事を続けるメリットをまとめていきます。

忍耐力がつく

1つ目のメリットは、「忍耐力がつく」です。

 

・やりたくない仕事を我慢して取り組む。
・クレーマー気質のお客さんに笑顔で対応する。
・上司の支離滅裂な指示にも素早く反応する。
・終電で帰宅する毎日が続いても休まずに働く。

 

こんな働き方をしてれば、自分のキャパは大きくなりますよね。

 

また「忍耐力がつく」ことが、嫌な仕事を続ける最大のメリットです。

自信になる

2つ目のメリットは、「自信になる」です。

これも大きいですね。

 

「嫌な仕事でも3年間は働く」を目標にして、それをクリアできたら「嫌な仕事でも続けられた!」と自信になります。

 

これは僕の実体験でもあります。

新卒入社した会社が朝7時には出勤して、毎日終電でしか帰れず、繁忙期には休日出勤もあるようなブラック系でした。

 

でも、自分のなかで「最低でも3年間は頑張ろう」と決めてたんですよね。

なので入社して4年目を迎えたときには、「これでどこの会社でも働ける!」と自信になりました。

 

嫌な仕事を続けるのは修行みたいな感覚もあるので、目標を立てて続けてれば自信になるんですよね。

転職活動するときの武器になる

最後3つ目のメリットは、「転職活動するときの武器になる」です。

 

採用する側の気持ちで考えてみてほしいんですけど、

 

・嫌な仕事だからとすぐに辞めてしまう人材
・嫌な仕事でも3年間は続けた人材

 

「こんな2人が面接を受けに来たとき、どっちを採用しますか?」

 

ほとんどの人は後者を採用しますよね。

 

これは忍耐力も関係してるんですけど、「スキル」や「知識」、「社会人経験」なども続けてた人の方があるからです。

 

嫌いな仕事でも続けてたら「スキル」や「知識」、「忍耐力」が身につくので、転職活動のときには武器になります。

嫌な仕事だから辞めるメリット

嫌な仕事でも続けるメリットはありますが、「嫌な会社だから辞めるメリット」もあります。

 

我慢は美徳」「続けるのは正義」みたいな意識が強すぎると、「嫌な会社だから辞める」メリットに気づけないんですよね。

 

「嫌な仕事だから辞める」メリットをまとめるので、頭のなかをフラットにするために参考にしていただければと思います。

自分に最適な仕事が早く見つかる

1つ目のメリットは、「自分に最適な仕事が早く見つかる」です。

 

嫌な仕事をしていた時間は、二度と戻りません。

なので、その分だけ自分に合う働き方に出合えるタイミングは遅くなっていきますよね。

早く行動しておけば、嫌な仕事から解放されてたかもしれません。

 

また嫌な仕事だからと見切りをつけて、次の働き方を探せば、チャンスは膨らみます。

嫌な仕事でも好きな仕事でも、同じように年齢を重ねていきます。

20代のうちから行動するのか、それとも50代になってから行動するのかでチャンスの多さは違いますよね。

 

嫌な仕事を続けてたら自分に最適な働き方に出合えるチャンスはゼロですが、1日でも早く辞めれば、その分だけ早く出合えるし、チャンスも膨らむんです。

無駄な精神論から解放される

2つ目のメリットは、「無駄な精神論から解放される」です。

 

お気づきかもしれませんが、嫌な仕事を続けるメリットは「精神論」だけなんです。

「忍耐力」や「自信」などがそうですよね。

これらは「精神論」でしかありません。

 

どんな働き方でも「精神論」が必要なときはあるので、全否定するつもりはないんですけど、優先順位は低いんですよね。

メンタル強化をするよりも、「スキルアップ」したり、「知識」を増やしたりしたほうが収入アップに繋がるし、自分の市場価値も上げられます。

なので嫌な仕事を我慢して身につけた精神論が、自分のためにも収入アップにも繋がらないなら無駄でしかありませんよね。

 

また今までの人生のなかで、忍耐力が身についた経験は1つや2つあると思います。

 

・鬼監督のもとで部活をしていた。
・受験生時代に死ぬほど勉強した。
・学生時代に鬼畜シフトでバイトをしてた。

 

こんな風に自分の限界ギリギリで頑張っていた時期は誰にでもあるはずです。

 

なので「精神論」は嫌な仕事を続ける以外にも身につける方法はあるし、自分のためにも収入アップにも繋がらないなら無駄な根性論なんです。

 

もし、嫌な仕事を続けて得られるものが「過剰な精神論」なら、1日でも早く辞めて、自分のためや収入アップに繋がるスキルや知識を身につけたほうがいいですね。

自分の気持ちに素直になれる

3つ目のメリットは、「自分の気持ちに素直になれる」です。

 

嫌な仕事を続けてると、自分の気持ちが分からなくなってきませんか?

 

やりたくもない仕事や上司に言われた通りに進める仕事ばかりしてたら、思考停止状態になって、いつの間にか自分の意見を言えなくなっていたり。

嫌な仕事を続けるために自分を納得させようと「世の中の常識に沿った正当な理由」を並べていたら、自分の素直な気持ちが見えなくなっていたりと。

 

こんな風に嫌な仕事ばかりしてたら、自分の素直な気持ちって分からなくなります。

 

それって、悲しいですよね。

自分のための人生なのに、自分の気持ちを優先できないのはツラいし、誰かにコントロールされてるような感覚にもなると思います。

 

我慢しながら嫌な仕事を続けるのは素敵なことですが、自分の素直な気持ちが分からなくなるまで我慢してはいけないんです。

 

嫌な仕事なら1日でも早く辞めて、自分の素直な気持ちを思い出し、自分が楽しめる人生へと変えていきましょう。

辞めた人

迷ったときの決断方法

嫌な仕事を続けても、今すぐに辞めてもメリットはあります。

 

これが「続けるべき」か「辞めるべき」かで迷ってしまう原因です。

 

なので今からは迷ってしまったときの後悔しない決断方法をお話するので、参考にしていただければと思います。

嫌な理由を明確にする

まずは、今の仕事が嫌な理由を明確にします。

 

ポイントは、具体的に考えてみることです。

 

・入力や管理など単純作業をしたくない。
・テレアポをしたくない。
・モチベーションの低い職場で働きたくない。
・人よりも頑張ってるのに給料が安い。
・出世しても収入が増えない。

 

こんな風に「具体的に何が嫌なのか?」を書き出してみるといいですね。

 

頭のなかを整理できますし、自己分析にもなるので、次の働き方を探すときの判断基準になります。

理由を仕分ける

つぎは、書き出した理由を仕分けていきます

 

仕分け方は「自分でコントロールできること」と「自分ではコントロールできないこと」の2種類です。

 

仕事のモチベーションや取り組む姿勢は、「自分の問題」なのでコントロールできますよね。

でも「仕事内容」や「職場環境」、「働き方」などは会社が決める場合が多いので、自分ではコントロールできません。

 

こんな風に今の仕事が嫌いな理由を「自分でなんとかできるのか、できないのか」で仕分けてください。

決断方法

それでは決断方法をお話します。

嫌な仕事でも続けるべき場合

もし、今の仕事を嫌いな理由が自分のチカラで改善できそうなら続けるべきです。

 

自分でコントロールできることは、自分の課題でもあるんですよね。

なので転職したり、働き方を変えたりしても、最終的には同じようなことに悩まされます。

 

自分のチカラで改善できそうなら頑張ってみて、それでもダメだったら働き方を変えるといいですね。

嫌な仕事だから辞めるべき場合

逆に、すべての理由が自分では改善できないことなら、1日でも早く辞めるべきです。

 

自分でコントロールできないことは、どうしようもありません。

 

・キャリアプランが見えない。
・出世しても給料が安いから結婚できない。
・上司のパワハラが酷すぎる。
・愚痴や悪口ばかりの職場環境にうんざりしてる。
・会社の独特な文化にどうしても馴染めない。

 

こんな風に自分のチカラでは改善できないことが嫌な理由だったら、為す術はありません。

また、そんな環境が変わるのを願って、我慢して今の仕事を続けてたとしても解決する確率は限りなくゼロです。

 

なので自分ではコントロールできないことが原因なら、1日でも早く辞めるべきです。

嫌な仕事を完全に拒否する方法

とはいえ…、

会社員をしてたら嫌な仕事に向き合わないといけない時期があります。

 

僕もサラリーマン時代に嫌な仕事に散々向き合ってきました。

僕は営業マンだったんですけど、新規のテレアポは嫌いだったし、夏の外回りは汗しかでないから憂鬱だったし、どれだけ残業しても営業手当という魔法の言葉で残業代が1円も出なかったりもしました。

 

当時の僕は「会社が変えれば状況は変わる!」と信じて、1度転職してみたんですけど、嫌な仕事はゼロにはならなかったんですよね。

 

このときに会社員である以上は、嫌な仕事をしないといけないと悟りました。

 

でも、納得はできなかったんですよね。

人生の半分以上の時間を仕事に費やすのに、その時間が憂鬱だったら楽しい人生とは言えないし、

それ以上に嫌だったのは「これから予定されてる苦痛を分かってるのに、予定通りに味わいにいくこと」です。

 

罰ゲームだと分かってるのに、自ら受けにいくなんてバカらしいですよね。

 

なので僕は、働き方そのものを変えようと決意しました。

 

・嫌な仕事をする必要がない。
・付き合いたくない人たちと一緒に仕事をしなくていい。
・無意味な会議が存在しない。
・自分が頑張りがダイレクトに収入に反映される。
・仕事を頑張った分だけ自分の時間が増える。

 

これらを実現できる働き方を探してたときに見つけたのが「ブログ運営」でした。

ブログなら自分の好きなことで収入を得られるし、基本的には1人作業だから会いたい人にだけ会えばいいし、自分が頑張った分だけ収入も時間も増やせます。

 

ただ、いきなり会社を辞めてブログ1本で勝負する度胸はなかったので、まずは副業でブログ運営を始めました。

そして4ヶ月後に月収11万円、その4ヶ月後にはサラリーマンの給料以上の収入を得られたので、会社を辞めました。

 

現在は個人事業主なので嫌な仕事は一切しないし、自分がしたい仕事や自分のためになる仕事だけをしてます。

 

もし、僕と同じように嫌な仕事をすることに納得できないとか、完全に拒否したいと思ってるなら、自分の働き方を劇的に変えそうな副業を始めてみるのがおすすめです。

 

たった1度の人生ですし、人生の半分以上は働いてる時間です。

それなら自分が好きだと思える仕事を頑張って、収入と遊ぶ時間を順調に増やしたほうが、絶対的に楽しいですよね!

 

僕が副業で月収11万円を稼ぐまでは下記ブログ記事でお話してます。

自分の思い通りにすればいい!

今回は『嫌な仕事でも「続けるべき」か「辞めるべき」か迷った時の決断方法』をテーマにお話をしました。

 

嫌な仕事を「続けるべき」か「辞めるべき」かは、本当に悩むところです。

だけど、一番大切なのは「自分の思い通りにすること」です。

 

だって人生のすべての責任は自分が背負うんですよ。

「周りが言ったから」とか「石の上にも三年だから」とか、そんなことを気にして決断したとしても最終的な責任は常に自分にあるんです。

 

それなら自分の思い通りに決断したほうが、絶対に後悔はしません。

 

嫌な仕事を続けるほうが自分のためになるのか、それとも嫌な仕事だから辞めたほうが自分のためになるのか。

自分の気持ちに素直になって、決断しましょう!

 


 


 

OTHER POSTS