ヨガを始めてみたいひと

男性でもヨガを始めてみたいと思う人が増えてますよね。

実際に、僕も「ヨガ男子」になってから1年以上が経ちました。

だけど、ヨガを始める前には色々と戸惑いがありました。

「ヨガは女性のモノ」というイメージだし、男性でもヨガの効果があるのか疑問だったし、服装とかヨガマットを用意しないといけないんだよなぁ~など。

ヨガに対する一種の偏見や分からないことばかりでした。

また、ヨガをやったことがない初心者の場合だと、どうやって始めれば良いのかわからないですよね。

今回は、ヨガをやってみたい男性に向けて、僕が感じる男性ヨガの効果についてお話していきます。また、男性がヨガを始めるなら、まずはスポーツジムのプログラムからをおすすめしてます。

その理由やヨガの服装・持ち物についてもお話していきます。

僕が感じる男性ヨガの効果

まず、僕が感じる男性ヨガの効果についてお話していきます。

僕は身体が硬かったので、ヨガを始めることにしました。

もちろん、身体は確実に柔らかくなってると感じてますが、それ以外にもヨガの効果を感じてます。

腰痛が減る

僕はフリーランスとして活動してて、基本的にはデスクワークしてます。

なので、最大の敵は腰痛なんですよね…(笑)

ヨガに通う前は頻繁に腰痛を感じてたんですけど、ヨガに通いだしてから腰痛になることがガクンっと減ったんです!

というのも、ヨガを始めてから腰が柔らかくなったんだと思います。

腰痛の原因の1つに、腰回りの「筋肉の硬直」というのがあります。

肩こりと同じで、腰回りの筋肉が硬くなってるから腰痛になるイメージですね。

なので、ヨガで様々なポーズやストレッチをやる中で、自然と腰回りの筋肉がほぐれ、腰痛を感じることが少なくなったんだと思います。

体幹を鍛えれる

ヨガって身体を柔らかくするイメージが強いと思うんですけど、体幹も鍛えれるんですよね。

というのも、ヨガには身体を柔らかくするポーズもありますが、バランス感覚を養ったり、体幹が必要になるポーズもあるんですよね。

なので、ヨガをしてると自然と体幹も鍛えられるんですよね。

また、「筋トレ」や「ウォーキング」って普段の生活のなかで意識すれば取り組めますが、体幹を鍛えるって中々できないですよね。

体幹を鍛えるトレーニングもありますが、体幹だけだと成果が目に見えにくいし、トレーニングだけだと体幹が強くなったのかも分かりませんよね。

なので、ヨガをしながら体幹を鍛えれば、前は出来なかったポーズが取れた時に成長を感じられるんですよね。

リラックスできる

ヨガのポーズの中には、リラックスできるポーズもあります。

少し汗をかきながら、身体を使っていくので、気分転換には最適だと思います。

また、リラックスできるのはポーズだけでなく、ヨガが終わった後にも感じることができます。

バランスポーズで身体に意識を集中させるので、終わった後の開放感は気持ちが良いし、ハードでもなく軽いわけでもない、心地よい肉体的疲労感も感じることができます。

「オン・オフ」を大切にするヨガだからこそ感じられるリラックス効果だと思います。

柔軟性が上がる

ヨガを始めると柔軟性は上がります。

実際に、最初は前屈を少しするだけでキツかった僕が、今では少しずつ克服できてます。

また、身体の柔軟性が上がることで怪我をしにくくなりました

というのも、僕は草野球をしてるんですけど、ちょっとムリな体勢でボールを取ったり投げたりすると身体に痛みが走ってたんですよね。

でも、ヨガを始めてからは痛みを感じる瞬間は確実に減ってます。

腰痛もそうですが、身体に痛みが感じる原因の1つに「身体の硬さ」があるんですよね。

なので、ヨガで柔軟性を上げることができれば、肩こりや腰痛などの症状を和らげることが出来るし、怪我のしにくい身体を手に入れることができます。

初心者はスポーツジムからがおすすめ!

男性ヨガにも効果はあると個人的には思ってます。

だけど、ヨガ初心者だと始め方が分かりませんよね。

初心者がいきなり「ヨガ教室」に行くのも何だか気が引けますし、ヨガにハマるかどうかも分からないから体験レベルから始めたいところです。

実際に僕もヨガを始めるときに同じようなことを思ってました。

「ヨガ教室」に行ったとしても女性ばっかりだと思うから何だか気まずいし、自分にヨガが合ってなかったらヨガマットやヨガ教室費用などの投資が勿体ない…。

なので、僕はスポーツジムのプログラムにある「ヨガ」からスタートさせました。

  • スポーツジムもヨガも出来る
  • マットは買わなくていい
  • 1時間未満の軽いヨガ
  • 年齢性別が様々

スポーツジムのプログラムなので本格的なヨガとは言い切れませんが、体験ヨガとしては最適だと思います。

体験ヨガで感覚を掴んで、徐々に慣れていったらヨガ教室に移行してくと良いですね!

ただ、スポーツジムの「ヨガプログラム」を選ぶときにはポイントがあります。

それは「ヨガの先生が専門の人かどうか」ということです。

というのも、スポーツジムのプログラムなので、スポーツジムのインストラクターがヨガの先生として実施してるケースもあります。

それが悪いという意味ではありませんが、ヨガ専門の先生とスポーツジムのインストラクターとではヨガの雰囲気が全く違います。

なので、ヨガに興味があって、ハマれば本格的に始めたいと思ってるなら、ヨガ専門の先生が実施してるプログラムに参加するのをおすすめします。

スポーツジムのヨガプログラム

男性ヨガの服装

では、男性ヨガの服装についてお話していきます。

基本的に動きやすい服装であればOKですが、僕がおすすめするのはこの4点セットです。

コンプレッションウェア

まず、上半身のインナーはコンプレッションウェアが良いですね。

野球選手やサッカー選手がプレーする時に着用してるピチっとしたウェアです。

ヨガは「ゆるいイメージ」ですが、バランスポーズやパワーヨガをする場合には、汗は結構かきます。

なので、速乾性があって通気性が良いコンプレッションウェアは必需品です。

また、長袖や半袖についてはどちらでもOKだと思います。

ヨガする場所や気候に合わせて選んでください。

スポーツ用の半袖

インナー(コンプレッションウェア)の上に着用するのはスポーツ用の半袖ですね。

ランニングする時に着るような軽くて、伸縮性があるウェアが良いと思います。

というのも、腕や腰などを動かしていくので、可動域を確保できたほうが良いからです。

また、インナーを着用せずスポーツ用半袖でもOKではありますが、ポーズによっては肌が見えてしまうことがあります。

その場合、一緒にヨガしてる人によっては不快と感じるケースもあるので、マナーとして見えないようにインナーは着用したほうが良いですね!

コンプレッションタイツ(レギンス)

続いて、下半身のインナーはコンプレッションタイツ(レギンス)が良いですね。

こちらは足首まで隠れるような長さが良いと思います。

身体を動かしやすくなりますし、すね毛を隠すことも出来ます(笑)

スポーツ用ハーフパンツ

下半身のインナーの上に、スポーツ用のハーフパンツを履きましょう。

ランニングするときに着用するような軽くて薄いパンツが良いですね。

普通の短パンだと重たいですし、伸縮性が悪い場合もあります。

なので、スポーツ用のハーフパンツであれば可動域を確保できるし、通気性や速乾性もあるのでおすすめです。

男性のヨガの服装

ヨガの持ち物

最後にヨガの持ち物についてお話していきます。

スポーツジムのヨガプログラムであれば、服装を準備するだけでOKです。

本格的にヨガ教室に通い始めるときには、必要な持ち物は3つです。

  • ヨガマット
  • タオル
  • 飲み物

タオルと飲み物については、スポーツするときに用意するモノでOKです。

ただ、ヨガマットには様々な種類があるので少し詳しくお話しますめ。

ヨガマットの違い

ヨガマットには、様々な種類があります。

  • 厚さ
  • 素材

本格的にヨガを始めようと思ってる初心者なら、基本的にこの2つを意識すれば良いと思います。

他にもヨガマットを選ぶポイントはありますが、より本気でヨガに取り組もうと思い始めたら拘れば良いですね!

というのも、ヨガマットでも高いモノだと軽く2万円以上したりするので…。

なので、まずは「厚さ」と「素材」の2つにポイントをチェックしましょう!

厚さ

ヨガマットの厚さは「3ミリ以上」が良いですね!

1ミリや2ミリのヨガマットもありますが、ポーズ中にバランスを崩した時にヨガマットが薄いと吸収性が低いので、床にダイレクトに身体が当たるのとほぼ同じになので良くはないんですよね。

軽いので持ち運びはしやすいですが、本格的にヨガをするなら1ミリ2ミリは薄すぎですね。

また、一般的なのは「3ミリ~5ミリ」です。

それ以上に厚いヨガマットもありますが、重たくなって持ち運びにくいので、3ミリ~5ミリが良いと思います。

素材

ヨガマットの「素材」には様々な種類があります。

  • ポリ塩化ビニール
  • ゴム
  • コルク

これらの素材で変わってくるのが「重さ」や「滑りにくさ」です。

特に「滑りにくさ」は大切です。

というのも、バランスポーズやパワーポーズをするときに足で踏ん張ったり、手で持ちこたえたりすることもあります。

その時に滑りやすいヨガマットだと、バランスがなかなか取れないので、出来れば滑りにくいヨガマットを選んだ方が良いですね!

ただ、滑りにくいほどヨガマットの値段は高くなる傾向もあります。

なので、最初はポリ塩化ビニール素材が良いと思います。

滑りにくいですし、そこまで金額も高くありません。

スポーツ量販店で販売してるヨガマットは、基本的にポリ塩化ビニールなので、実際に足を運んでデザインやカラーを見て購入すれば良いですね。

スポーツジムから気軽に始めよう!

今回は、僕が感じる男性ヨガの効果と初心者が始めるならスポーツジムをおすすめする理由についてお話しました。

ヨガは女性のモノというイメージが強いので、男性だと始めにくいと感じると思います。

なので、まずはスポーツジムから気軽に始めればいいですね!

スポーツジムのプログラムで体験ヨガをしてみて、ハマったらヨガ教室に通ったりすればOKです。

実際に僕はそのパターンです(笑)

男性でもヨガをすることで、様々な効果を感じることができます。

男性の趣味の1つにヨガはありだと思います。

 

 


 

 


 

OTHER POSTS