会社の飲み会

今回は、会社や職場の意味がない飲み会に行きたくない場合についてお話ししていきます。

まず誤解のないようにお伝えしたいのが、僕はすべての会社の飲み会が意味がないとは思ってないし、すべての会社の飲み会をすべて断る派の人間ではありません。

親睦を深めたり意見交換できたり、勉強になることがあったりと…会社や職場の素敵な飲み会もたくさんあります。

ただ、残念ながら飲み会のなかには全く意味がない会もあります…。そんな飲み会なら、僕は上手く断れば良いと思ってます。

なので、僕が会社員時代に繰り出していた上手い断り方についてもお話ししていきます。

すべての飲み会が意味ないわけじゃない!

僕は会社員当時から、そして今でも会社や職場のすべての飲み会が「意味がない」会だとは思っていません。

会社の忘年会や新年会、そして決起会などの飲み会には良い面もたくさんあります。

  • 普段よりも本音で話せる。
  • 上司や先輩の過去の話は勉強になる。
  • 後輩が悩んでたら解決できるかもしれない。
  • 恋が始まることもある。

仕事だけだと割り切れれば、すべての飲み会なんて無意味なものです。

だけど、僕は会社は仕事だけする場所ではないと思います。同じ目標に向かって仕事をしてる仲間であり、何かの縁があって同じ職場にいるんです。

第一、仕事だけだと割り切っても仲間がいないと仕事なんて成立しないし、その仲間との関係がビミョーだったら仕事って楽しくなりませんよね(笑)

だからこそ、僕は親睦を深めるという点で飲み会は素敵な方法だと思います。

普段だと社長や役員、上司や同僚とも腹を割って話すことができないなら、お酒のチカラをどんどん借りればいいと思うし。

自分の仕事ぶりだとか改善点だとかを上司に聞いたら、めちゃくちゃ勉強になるだろうし。先輩や上司たちの過去の仕事体験談も参考になると思います。(※武勇伝のようにならなければ(笑))

また、出会いのチャンスが普段ないなら恋のチャンスでもありますよね。既婚者の2人に1人が「社内恋愛がきっかけで結婚」なんてアンケート調査結果があるくらいです。

だから、僕はすべての会社の飲み会が意味がないとは思わないし、とにかく会社の飲み会は行きたくないというスタンスではありません

意味のない飲み会

ただ、会社や職場の飲み会には猛烈に意味のない飲み会があります。

僕のようなスタンスでも意味がないと思うくらいですから、厳しいひとにとってすれば至極意味がなくツラいかもしれませんね(笑)

ちなみに、僕がホント意味ない飲み会だなぁ~と思ったのはこんな飲み会でした。

愚痴が多い

人生で一番意味のない飲み会って、愚痴しかない飲み会ですよね。

もちろん、多少の愚痴や不満は言ってもいいと思います。

だって、「上司うぜぇ~」って言っても「仕事で見返そうぜ!!」と転換できれば「負のパワー」でも「明日への活力」になるし、全く愚痴を言わないなんて仏様の領域だからとてもむずかしいことです。

誰にだって愚痴や不満はあるものです。だから、「程度」が大切なんです。

少しの愚痴や不満は飲み会を盛り上げるからいいけど、そればっかりだと飲み会にいてもつまらないし、どんどん嫌な気持ちになっていきますよね。

わざわざお金と時間を費やしてるのに、嫌な気持ちになるってホント意味ないです。

飲めよ飲めよ系

体育会系なのか学生ノリが根強いのか「飲めよ飲めよ系」の飲み会も意味ないですよね。

実は、僕が転職した商社での飲み会が「飲めよ飲めよ系」の飲み会でした。入社したてのころは、ノリの悪いやつだと思われたくなかったから、がんばって飲んだりして取り残されないようにしてました。

だけど、そういう飲み会ってホント次の日に後悔するんですよね。

「なんの時間だったんだろう?」って。

もちろん、たまにのストレス発散で飲みまくるのはアリです。僕も友人が忘れてしまいたいことがある日なら、とことん付き合うタイプなので。

だけど、それが毎回だと意味わからないし違いますよね。

カラオケでオール

これも「飲めよ飲めよ系」にありがちなんですけど、二次会や三次会でカラオケに行って、そのままオールしちゃうのもホント意味ないですよね。

これって、ただ明日がしんどいだけ。

親睦を深めることもできるけど、大体その時にはみんな酔っ払ってるから歌なんて聞いてないし、しんみり話そうと思ってもうるさいから声が聞こえないし、寝たい人からすると静かにしてくれと思うだけ。

それでも何故かカラオケでオールするのが親睦の証みたいなところがあるんですよね…。

それが合う人なら良いんですけど、僕には全く合わなかったんです。

意味のない飲み会

意味のない飲み会なんて断ろう!

意味のない飲み会だからホントは行きたくないんだけど、断ったとしたら…。

  • 嫌われるかもしれない。
  • 二度と誘われなくなるかもしれない。
  • 仲間はずれにされ、会社の居心地が悪くなるかもしれない。

こんなことが頭をよぎって、なかなか断れないかもしれません。

実際に僕もそう思ってました。だから、ノリの悪いやつだと思われないように、周りから取り残されないようにがんばってました。

だけど、本来の「会社の飲み会」ってどうだったら自分にとってベストかメージしてください。

  • 親睦を深める。
  • 「明日も仕事がんばろう!」と活力が湧く。
  • 悩んでた後輩に元気が戻る。

僕にとってこの3つの要素があればホント良い飲み会だと思います。せっかくのお酒の席なんだから、こうあるべきだとも思っています。

そして、そんな僕の理想の飲み会と比較したときに意味のない飲み会ってホント残念です。

だから、別に断っても良いんです。

だって、意味のない飲み会って誰かのストレス発散に付き合わされるだけの飲み会。相手からすると誰だって良いんです。聞いてくれる相手さえいれば。

つまり自分にとっても意味がないし、相手にとっても飲み会の相手は誰だって良いんだから断ってしまいましょう!

ただ、むずかしいのが会社の同僚でもあるということ。

全く飲み会に付き合わないというのは鉄の心がない限り出来ることではないし、それもそれでちょっと違います。なので、適度に行きつつ適度に断りましょうね。

では、そんな断るときに役立つ上手な断り方をご紹介していきますね!

上手い断り方

それでは意味のない飲み会への上手い断り方についてお話ししていきます。

実際に僕が繰り出していた断り方や同僚や先輩が使っていた断り方なので、ぜひ参考にしてみてください。

出欠確認を欠席にする

会社や職場ので規模が大きい飲み会のときには、出欠確認を欠席にすればいいです。

ポイントは回答期限ギリギリに欠席にすることですね!

というのも早めに欠席にしてると「なんで参加できないんだ?」って詰められることになるし、なんだか感じ悪い印象になってしまうので!

家族や子どもを理由にする

これはよく先輩が繰り出していました(笑)

「いや、今日は家族と一緒にご飯を食べる約束をしちゃって…」とか「子どもと一緒にお風呂入るって約束しちゃって」とか。

こんなこと言われると、フツーの人なら強引には誘えないですよね。今の時代だとパワハラになる可能性もあるので!なので、結婚してる人ならキラーフレーズだと思います。

実は体調が悪い

頻繁には使えませんが「実は体調が悪くて…」も上手い断り方です。

ただ、理由なき「実は体調が悪い作戦」だと信憑性がないので「朝ちょっと微熱があって…」という一言を付け加えましょう。

そうすれば相手は誘いにくいです。だって、病気を移されたくないですからね!

すでに予定が埋まってる

いきなり飲み会に誘われて行きたくないなら、一番有効なのが「ちょっと予定が入ってて」フレーズですね。

相手も急に誘っているという後ろめたさがあるので、それ以上は強引にいけないんですよね。

ベタですが、スッと断れる上手い方法です。

次は行きます!

同僚や先輩など会社の付き合いなので、全く飲み会に行かないのは不可能です。

でも、意味のない飲み会には極力行きたくはない…。

こんな絶妙なバランスを取ってくれるのが「次は行きます!」です。

使い方は「今回はちょっと行けないですが、次は行きます!!」というイメージです。ポイントは「絶対に」とか「必ず」は付け加えずに、そのニュアンスを語尾で伝えるということ。

ポジディブな終わり方だと相手への印象はやはりポジディブになるし、どんな断り方であっても「またお願いします!」は必須なフレーズです。

誰でも断られたら嫌な気持ちになりますよね!そういう心遣いは絶対に忘れてはいけません。

上手く断る方法

断れなかった時の最終手段

とはいえ、断れないときもあるはず…。

僕自身も最初の飲み会でノリ良く過ごしてしまったので、どんな断り方をしても強引に誘われてしまいました。きっと結婚して家族がいたりしたら話は別だったと思いますが、独身だったので。

でも、僕はそれでも早く帰りたかった…。そんなときに繰り出していた最終手段は…。

時間を決めて参加する

理想的なカタチは一瞬だけ顔を出して退散することです。だけど、そんな上手くは行きません。

だから、時間を決めて参加することをオススメします。

その際には「明日あさイチで予定がある」と飲み会の相手に伝えておきましょう。そうすれば、時間設定の主導権ができるし、相手もそこまで強引に長居させることはありません。

個人的には「ヘタに断るなら、時間を決めて参加する」のが最良な判断だと思います。

意味のない飲み会だからといはいえ、ホントは参加できるのに断るのは嘘をつくことになります。

それが後ろ髪を引かれる思いなら、時間を決めて参加したほうが自分の精神的な面でもラクだろうし、飲み会に誘った人たちも参加しないよりは好印象ですよね!

なので、嘘をつくのが嫌だったり上手く断る自信がないなら、時間を決めて参加しましょう!

大人の力量をつけよう!

会社や職場の意味がない飲み会に行きたくなくても、付き合いがあるから無下にはできないですよね。

このバランスをどうやって保つのかが「大人の力量」です。

一匹狼も良いけど相応の覚悟がいるし、相手に合わせてるだけだと自分が疲れるし…。どこで折り合いをつけるかです!

常にバランス良くするなんて求めないで、その都度バランスを取るために上手く飲み会とは付き合っていきたいですね!

 

OTHER POSTS