スポーツジムが続く女性

「夏のために身体を引き締めよう!」とか「最近、太ってきたから痩せないとな…」と思って、スポーツジムの会員になったけど1ヶ月も経たないうちに行かなくなってる…。

これはスポーツジムあるあるですし、僕も昔はそうでした。

運動不足を解消するためにスポーツジムの月会員になったのはいいけど2ヶ月後にはまったく行かなくなったし、チケット制のスポーツジムに切り替えてみたけど数ヶ月に1回しか行けませんでした。

そんな僕が今では週3回ペースで3年間以上もスポーツジムに通い続けてます。

なので今回は、スポーツジムあるあるに陥ってた僕が見つけた長続きさせるコツとスポーツジムに通うなかで気づいた続く人の特徴についてお話するので、ぜひ参考にしてみてください。

苦手意識を小さくしよう

スポーツジムが続かなかった経験があると「始めても続かないだろうなぁ~」と苦手意識が生まれます。

まずはその苦手意識を小さくしましょう!

最初から続かないと思ってたら、続くわけがありません。

また「どうせ続かない」と思うのは、自分の気持ちをリスクヘッジしてる場合もあります。

最初から期待値を下げておけば、スポーツジムが続かなかったときにショックを減らせますからね。

だけど、これもよくありません。

スポーツジムでも何でも続けたいときには「どうせ続かないんだろうなぁ~」などの苦手意識をなくして、「どうやったら続けられるんだろう?」と考えるようにしましょう。

スポーツジムが続く人の4つの特徴

まずは僕が3年間以上スポーツジムに通い続けるなかで気づいた「続く人たちの特徴」についてお話します。

ぜひ参考にしていただいて、取り入れられるところは取り入れていきましょう。

スポーツウェアがオシャレ

とにかくスポーツウェアが皆さんオシャレです!

ナイキやアディダス、プーマ、アンダーアーマーなど服装を好きなブランドで統一してます。

しかも1着だけでなく、様々なパターンがあるんですよね。

また「機能性×デザイン性」が爆発してるような室内用シューズを履いてたりもします。

スポーツウェアをオシャレにしたり、気に入ったシューズを履いたりしてセルフイメージを上げてるんですよね。

ちなみに僕もそれなりに拘ってます。

自分のペースがある

何かを続けられる人は「自分のペース」を大事にしてます。

スポーツジムが続くひとたちも自分のペースを大切にしてるんですけど、驚いたのは想像以上に自分のペースでトレーニングしてることです。

ランニングでも筋トレでも疲れたら休んだり、ペースを抑えたりしています。

これは当たり前なんですけど、凄いのが「周りの迷惑なんじゃないのか?」ってくらい自分のペースなんです。

たまにボーッと音楽を聞いてたりずーっと読書をしてたり、スマホをイジってたりするんですよね。

「何しに来てるんだ?」とツッコミたくなりますが、トレーニングは続けてるんです。

恐らくですが、筋トレ器具待ちタイムなどのトレーニング以外のストレスを無意識で限りなくゼロにしてるんでしょうね。

プログラムを上手く活用してる

スポーツジムのプログラムを上手く活用してるひとも多いです。

ランニングマシーンや自転車、筋トレ器具など自分で考えたメニューを実践するのも良いですが、1人でやってるとモチベーション維持がむずかしいですよね。

なので定期的にプログラムを活用して、先生たちと仲良くなったり友だちを作ったりして、半強制に行かないといけない環境を作ってるんだと思います。

スポーツジムが続く人は意志が強いと思いがちですが、実は自分のモチベーション管理が上手なんです。

とにかく来てる

座ってる時間が多かったり、お風呂しか入らなかったり、スタッフさんと話してるだけだったりなどスポーツジムでよく見かける人でも、たまにダラダラしてます。

そういう日は、気が向いたらトレーニングを少しするくらいです。

「何もしないなら行く意味ないじゃん」と普通は思うんですけど、スポーツジムが続く人はとにかくスポーツジムに行くマインドがあるんですよね。

行かなかったら絶対にトレーニングしませんが、行けば気が向くかもしれません。

なので「環境」のチカラを理解してるんだと思います。

ランニングシューズを履く女性

僕が実践してるコツ

僕は過去2回スポーツジムに通うのを断念してます。

1度目は会社近くのスポーツジムの会員になって、仕事終わりにトレーニングしてから家に帰ろうと計画してたんですけど、いつのまにか行かなくなってました。

2度目は自宅近くのチケット制のスポーツジムを始めたんですけど、数ヶ月に1回しか行きませんでした。

そんな僕が現在では、3年以上スポーツジムに週3回以上は通っています。

どうして続けられるようになったのかというとモチベーション維持を意識したからです。

最初は勢いよくスポーツジムに通えるのはモチベーションが高いからだし、夏が近いから痩せようと思えるのも意識が高いからです。

なので僕はモチベーションが下がらない対策をしてみたんです。

スポーツウェアとシューズ

まずはスポーツウェアとシューズをカッコいいモノに新調しました。

スポーツブランドのウェアやランニング用の軽いハーフパンツ、ピチっとしたシャツ&タイツ、好きなブランドのシューズなど。

それを身につければテンションが上がるようにしたんです。

そして1着だけではなく2着用意しました。

1着だけでも2日連続で行けますが必ず洗濯しないといけないし、雨が降って洗濯できなかったら行けない理由を作ってしまいますよね。

少しの妥協からスポーツジムが続かなくなるので、必ず2着以上は用意するのをおすすめします。

トレーニングメニューを固定する

僕はトレーニングメニューを固定してます。

筋トレ器具4種(背筋×2、上腕二頭筋×1、腹筋×1)を12回3セットずつと、ランニングマシーンで30分間走るメニューです。

トレーニングメニューを固定するとゴールを設定できます。

なので1つずつクリアしようと思えるし、すべてのメニューが終わったあとに達成感があります。

またトレーニングメニューは、1時間程度で終わるようにもしてます。

あまりに多いトレーニングメニューだと行かなくなる原因になるんですよね。

最初は張り切ってるので多めのメニューでもいいですが、モチベーションが少しでも下がるとメニューが心理的なハードルになって行くのが億劫になります。

なので無理なく続けられるトレーニングメニューにするといいです。

1日ゆったりDayを作る

僕は多いときで週4回、少なくても週3回はスポーツジムに通ってます。

でも、すべての日でガンガントレーニングしてるわけではありません。

1日だけゆったりDayを作っています。

その日は筋トレだけやってからプログラムのヨガに参加して、ゆったりとお風呂に入り、15分間のマッサージ器を堪能してから帰ります。

長期的な視点で考えると、定期的な息抜きはホント大切です!

仕事で言うと「あと2日で会社が休みだから、あと2日間がんばろ!」みたいな感じです。

自分のモチベーションをコントロールできるように、休みも上手く活用しましょう!

無理なく続けられるペースから

今回は、スポーツジムが続かない人へ|続く人の特徴や長続きするコツを解説しました。

スポーツジムが続かない人って、真面目な人が割と多いです。

月謝を払ってるから通わないと勿体無いとか、せっかく行くんだからトレーニングをガッツリしなくちゃなど、ストイックな人ほど続かない傾向があります。

自分を追い込むのも大切ですが、高いモチベーションが長続きしない原因になります。

なので無理なく続けられるペースから始めるといいですね!

何かを続けるのは短距離走ではなくマラソンなので、スポーツジムを続けられる自分に徐々になっていきましょう。

OTHER POSTS