会社を辞めたい人

「会社を辞めたい!」と思っても、いざ上司に退職を引き止められると辞められない人も多いですよね。

僕も会社員だったときに、上司に退職届を提出したのに上司から引き止められて会社を辞めるのをあきらめたり、退職日を必要以上に引き伸ばされた人たちを見てきたし、そういう人たちの相談に乗ったりしてました。

人それぞれで多くの葛藤があるんだなぁっと感じましたし。

一方で、上司から退職を引き止められて会社を辞めるのを諦めるひとたちって、大事なことを考えてないケースが多いんだとも感じてました。勢いで退職届けを提出したパターンとか、あまり深く考えずに退職を出したケースなど…。

僕自身はというと2回会社を辞めてます。そして、ありがたいことに2回とも上司や役員たちに退職を引き止めされましたが、振り切って会社を辞めてます。

きっぱりと会社を辞めるほうが凄いとか上司に流されず辞めたからカッコいいとかいう話ではなく。

本当に退職する必要があるのか、あるいは別に今の会社を続けても良いんじゃないかなど。次のステップへの覚悟を決めるうえで自分自身で今一度立ち止まって考えることが必要なんですよね。

なので今回は、会社を辞めたいけど上司から退職を引き止められると会社を辞めることができない人に向けて、そういう時に考えたいことについてお話していきます。

上司から退職を引き止められる人は会社に必要な人

会社を辞めたいのに上司から退職を引き止められる人は、会社にとって「必要な人材」だということです。それは間違いないので、まずは自信を持ってください。

というのも会社から必要のない人材だとすれば、絶対に退職を引き止められるはずがないからです。

というのも僕が会社員時代の話ではありますが…。

会社を辞めたい人が上司に退職の旨を伝えた時に、上司から全く引き止められない人もいました。むしろ、逆に「この日までに退職してくれ!」とまで言われる人もいました。

フツーに考えたらこれって当たり前なことなんですけど。

上司だって暇ではありませんよね。特に退職届けを出したり退職の話を伝えるときって、業務時間外だからムダな時間を過ごしたくはないだろうし。上司の方が仕事のタスク量は多いから、出来れば仕事以外の業務は請け負いたくはないはずです。

だから、会社にとって必要ではない人材であれば、さっさと受理した方が効率的です。誰でも彼でも退職を引き止めて、精神的にも体力的にも疲れるのは非効率すぎますからね。

なので上司から退職を引き止められる人というのは、どのような立場でも会社にとって必要な人だと思われています。そこはまず自信を持っていいと思います。

上司が退職を引き止める理由とは?

先ほどもお話したように、会社にとって必要な人材だからこそ上司が退職を引き止めるのは間違いないです。

ですが、どのような場面において必要な人材なのかは判断しないといけないですね。

というのも上司が退職を引き止める理由は「あなた自身のため」もありますが、「会社のため」であったり「上司の仕事上の都合のため」というケースも往々にしてあります。

いずれにせよ「必要な存在」だから退職を引き止められるんですけど、上司が引き止める理由が「会社のため」とか「上司の都合上のため」とかだったら、あまり良い気はしないですよね。

なので、上司が退職を引き止める理由をまとめていくと。

あなた自身の今後を考え退職を引き止めてる

これは退職を引き止められる理由で一番うれしいですよね。

現状の仕事が下積みが多すぎて、入社する前に希望していた仕事が全くできずに退職を上司に申し出たとします。

その時に上司があなたの言い分をしっかりと聞いた上で「これから積極的に希望する仕事ができるようサポートするから退職は留まってくれ」とか。「もう1ヶ月だけ頑張ったら枠が空くはずだから、そのポストに激烈に推薦するから」とか。

こういう感じであなた自身のキャリアアップを一番に考えた上で、上司が退職を引き止めてくれてるならとても嬉しいことですよね。

会社のためにと退職を引き止めてる

この場合は、単純に会社に人が足りてないから退職を引き止めてるパターンですね。

中小企業とか完全なるブラック企業だとか。常に人手不足の会社なら、会社のためにと退職を引き止めてるケースは往々にしてあります。だって、あなたが辞めてしまうと仕事が回らなくなってしまうから。

見分けるポイントはシンプルです。

離職率が多い会社だったり業務量が多すぎてほとんどの社員が毎日残業してるとか、ノルマが凄すぎて社員がバタバタ倒れてる会社とか。こういう感じで外から見たらちょっと異常な会社の場合だと、危険ですよね。

上司の都合上で退職を引き止めてる

    これは一番イヤなケースですが、上司の都合上で退職を引き止めてるケースですね。

    あなたが普段から黙ってサービス残業をしてたり、嫌な仕事やめんどくさい仕事を任せやすい人材だとしたら、上司にとっては都合の良い人材です。

    そういう人材が1人でもいれば上司は他の人にムチャな依頼をせずに済むし、トラブルとか会社に関係ないこと(飲み会の幹事や買い出しなど)があったら、何も考えないで仕事をあなたに依頼することができるので、とってもラクですよね。

    また業務量が果てしなく多い部署の場合だと、退職する人は多いですよね。だけど上司は会社から任されたミッションを達成しないといけません。

    そうなると一人でも会社を辞めると仕事の引き継ぎの時間や新たな人材を採用する時間、そして新しい人材を教育する時間など。人が辞めることで上司の業務量や奪われる時間が増えるわけです。なので上司は退職を引き止めるんですよね。

    まとめると。

    どんな理由であれ会社にとって必要な人材かもしれませんが、上司が退職を引き止める本当の理由を探ることは大切なんです。

    上司のイメージ画像

    上司が退職を引き止める際に使うキラーフレーズ

    あなた自身のキャリアアップを考慮した上で、退職を引き止めてるケースなら良いんですけど…。

    「会社のため」とか「上司の都合上」だとかのケースならイヤですよね。そして、そういうイヤなケースに限って退職を引き止めるキラーフレーズが上手だったりするんですよ(笑)だって、上司も辞めてほしくないから必死なんです。

    そんな場合によく上司が言うキラーフレーズをまとめていくと。

     

    キラーフレーズ
    • 給料アップを考えるから、考え直してくれないか。
    • 所属部署や職場環境を変えるから…。
    • 君にしかできない仕事を任せてるから…。
    • 君はきっと会社の役員クラスになれるから…。
    • おれを支えてくれないか?
    • 今はツライかもしれないけど、来年はラクができるぞ!

     

    上記のキラーフレーズは実際に僕が会社員時代に引き止められた時に言われた言葉や同僚たちが言われた言葉です。

    言葉のニュアンスは上司の人柄によって異なると思うので、パターン分けしていくと。。。

     

    キラーフレーズのパターン
    • 待遇の改善を匂わせる。
    • 期待してる感を匂わせる。
    • 頭を下げるなど謙る。

     

    キラーフレーズは3つパターンに分けることができます。

    とにかく曖昧な理由だということも特徴ですね。言葉自体は言われるとなんだか嬉しいんですけど、よく考えてみると具体的な内容では全くないんですよね(笑)

    上司に退職届を出すときや退職を申し出してる時って、割と感情的になってることも多いので、こういう言葉が妙に突き刺さったりするんですよね。

    だけど、こういう場合は残念ながらあなたのキャリアは無視で、会社のためであり上司のためという理由がほとんどなので気をつけたほうが良いですね。

    曖昧なキラーフレーズで退職するのを辞めた同僚のその後

    会社員時代に会社を辞めるかどうか相談に乗っていた同僚がいたんですけど。

    上司から先ほどのようなキラーフレーズによって退職を引き止められて、その同僚は会社を辞められませんでした。その同僚は女性なんですけど、今でも辞めたいと言ってます(笑)

    上司から「職場環境を変えるから」と言われて退職するのを辞めたみたいですが…。

    さすがに所属部署は移動になりましたが相変わらず残業が多くて、違う上司になってもめんどくさい仕事を押し付けられているんだとか。

    確かに所属部署は変わりましたが、根本的な職場環境の改善については実施されていなかったんですよ。なので、具体的にどのような理由かを判断しないとこういうパターンになってしまうので注意が必要ですね。

    上司に退職を引き止められた時に考えたいこと

    では具体的に上司に退職を引き止められた時に考えたいことについてお話をしていきます。

    会社を辞めたいと思ってるのに、上司から引き止められて心が揺れ動く場合って自分の中で考えがまとまっていないケースが多いんですよね。

    だって、自分のなかで考えまくって退職を申し出たとしたら上司からの響きだけいいキラーフレーズに揺さぶられたりしませんよね。

    別にそれが悪いとかではなく、後悔しない決断をするために考えるべきことがあるんです。

    なぜ会社を辞めたいのか?

    まずは原点に立ち返り、なぜ会社を辞めたいのかもう一度考えましょう。とても大切なことです。

     

    会社を辞めたい理由
    • 待遇に納得いかない。
    • 人間関係や職場に馴染めない。
    • やりたい仕事ではない。
    • 仕事量やサービス残業が多すぎる。
    • キャリアアップやスキルや知識を身につけたい。

     

    他にも会社を辞めたい理由はあると思いますが、大体こんな感じだと思います。

    もし自分の中で会社を辞めたい理由がはっきりしてないのであれば「ノートに辞めたい理由を書き出す」という方法はおすすめです。別に誰かに見せるわけではないので、思いっきり書いていきましょう。

    その際にはキレイにまとめようとは思わずに「会社のイヤなところ」や「人間関係のイヤなところ」、「待遇やキャリアアップで納得いかないこと」など。思うがままに書くのがいいですね。

    そして一通り書き終えたら、グルーピングして自分の辞めたい理由のコアな部分を見つけましょう。

    辞めたい理由が会社や仕事への不満の場合

    辞めたい理由が会社や仕事への不満の場合は「辞めたい気持ち」は一旦置いておいて、上司に相談しましょう。

    待遇について不満や不安があるなら、それが改善できるかどうか上司に確認すればいいし。仕事量や残業が多すぎるのであれば、それも上司に相談してみましょう。

    もし相談した上で上司が具体的な改善策を提案してくれて、納得したのであれば辞める必要はないですよね。

    会社を辞めるのが目的なのではなく、会社や仕事への不満や不安が解決できれば問題ないですもんね。

    辞めたい理由が人間関係の場合

    辞めたい理由が人間関係の場合は、上司に相談しても改善の余地は少ないです。

    もちろん所属部署を移動することも可能ですが、人間関係が改善されるケースは少ないと思います。だって、会社といっても1つの集団です。なので類友の法則で考えると、根本から改善するのはむずかしいものがあります。

    こればかりはどうしようもないです。

    辞めたい理由がキャリアアップや起業する場合

    キャリアアップだとか起業したい場合なら、さっさと辞めてしまったほうが良いですね。

    だって会社や人間関係の不満とかではなく「自分自身がこれからどうしたいか?」による理由ですよね。今の会社で実現できないなら、さっさと辞めて次のステージに行くことをオススメします。

    ただ、自分自身のことや将来のことを考えて仕事をしてる人は会社から重宝されます。というのも仕事に対して当事者意識があるので、責任が伴う仕事でも上司はお願いしやすいからです。

    なのでけっこう長い時間を要して退職を引き止められるかもしれませんが、あくまでも自分の人生なので、そこははっきりとさせていきましょうね。

    上司に退職を申し出る時に大切なこと

    上司に相談しても具体的な改善策がなかったり、キャリアアップや起業するなど覚悟が決まってる時には、いつまでも不満を抱えながら働いていても自分のためにも会社のためにもならないので、上司にすぐさま退職を申し出ましょう。

    ですが上司の引き止めや会社のルールがあるので、大切なことをまとめると。

     

    上司に退職を申し出る時に大切なこと
    • 会社の規則に従い、退職申告をする。
    • 「何を言われても辞める」という強い意思。

     

    では詳しくお話していきます。

    会社の規則に従って退職申告を上司にすること

    「明日辞めます!」は失礼すぎだし、お世話になった会社への恩義を忘れてしまっています。

    会社の規則で退職申告が退職日の1ヶ月前なのであれば、2ヶ月前には上司に退職申告をした方が良いです。あなたが上司に退職申告をした日からの逆算ではなく、退職届けを会社が受け取った日からの逆算になるので。

    それはマナーですね。どのような理由であれ給料をいただいてお世話になった会社ですので。

    また法的観点だと「会社の規則は関係ない」という意見はありますが、個人的には会社のルールに沿うべきだと思っています。

    というのも会社に退職に関するルールがある以上、それを守らなければ上司から突っ込まれるポイントになりますし、会社の都合を無視して「法律ですから!」というのは最終手段だと思います。

    もし、どうしても辞めさせてくれない場合なら「法律ですので!」と辞めればいいですが、あくまでも人対人ですしね。そこは穏便にしたほうがいいと思います。

    「会社を辞める」という強い意志です

    当たり前なんですけど「会社を辞める」という強い意志はホント大切です。

    意志が明確なら上司から退職を引き止められても「辞めます!!」っと伝えることが出来ますし、待遇の改善や職場環境の改善をするという抽象的で具体性が全くないキラーフレーズにも心が揺らぐことはありません。

    僕の場合だと1社目は中小企業から上場企業へのキャリアアップをしたかったから、上司に引き止められても「辞めます、辞めます、辞めさせてください!」と呪文のように伝えてましたし(笑)

    また上場企業を退職するときも会社員を辞めてWEBビジネスで起業をしたいという強い気持ちがあったので、会社の役員2人に引き止められましたが、きっぱりと退職ができました。

    なので、最終的には「会社を辞める意志」と「自分の人生をどうしていきたいのか?」という当事者意識がとても大切なんだと思います。

    自分の意志をはっきりさせる

    僕は「会社を辞めたいのに、上司からの退職を引き止められて辞められない」という同僚を数多く見てきました。

    辞めなかった同僚には、現在も元気で働いている人や辞めたいと思っている人がいます。なので、辞める辞めないというのがどちらが良いのかに正解はありません。

    ただ、辞めなかった同僚で現在も辞めたいと思っている同僚は「本当に自分の人生を楽しめているのか?」という部分は疑問に思うところです。

    仕事は人生の一部ではありますが、実際は人生の大半を占めてるモノです。そんな人生の根幹部分がネガティブな感情に覆われているのは、なかなか辛い状況だと思います。

    なので自分の中でこれから人生をどうしたいかはっきりさせて、次のステップに進んでいきましょう!!

     

     

     


    OTHER POSTS