今回は、簡単に画面キャプチャできる無料ソフトrapture(おにぎり)の使い方と設定方法を解説していきます。

「おにぎり」がトレードマークの「rapture」ですが、初心者でも簡単に設定ができて、画面キャプチャができる優れもの無料ソフトです。

また、「rapture」でキャプチャした画像を「Photoscape」で画像編集・加工すれば、簡単にオリジナル性が高い画像を作成することができます。

「rapture(おにぎり)」のダウンロード方法

まず「rapture(おにぎり)」のダウンロード方法について解説していきます。

rapture(おにぎり)からダウンロードをしてください。

そのまま画面指示に従っていただければ、問題なくダウンロードできます。

そして、ダウンロードが完了したら、デスクトップに保存されてるか確認してください。

その際に「rapture」と分かる名前にしておくと良いですね!

「rapture(おにぎり)」の使い方

では「rapture(おにぎり)」の使い方について解説していきます。

画面キャプチャする方法

まずは、キャプチャしたい画面に切り替えてください。

そして、raptureの「おにぎりマーク」をクリック。

raputureのアイコンのおにぎりマーク

キャプチャしたい範囲を指定すれば、画面キャプチャは完了です。

簡単ですよね(笑)

ただ、留意点があります。

raptureのダウンロード先フォルダは、あらかじめ小さくしておいた方が良いです。

というのも、大きすぎるとキャプチャしたい部分がフォルダで隠れる可能性があります。

なので、フォルダサイズは最小限にしておくのがおすすめです。

キャプチャ画像の保存方法

キャプチャ画像の保存方法を解説していきます。

画像をキャプチャした後、右クリックして「ファイル」から「保存」を選択。

raputureのキャプチャした画像の保存方法

これでキャプチャした画像の保存は完了です。

キャプチャ画像をコピーする方法

キャプチャした画像をコピーすることも出来ます。

右クリックして「編集」からコピーを選択。

raputureのキャプチャした画像をコピーする方法

これでキャプチャ画像のコピーは完了です。

キャプチャ画像にテキスト(文字)入力する方法

キャプチャした画像にテキスト(文字)入力することも可能です。

右クリックして「テキスト」を選択。

まず、テキストを表示させたい部分を画像中「+」マークを移動させて選択します。

次に、テキスト(T)と書かれた箇所に文字入力をすれば、指定した場所にテキストを表示されることができます。

raputureでキャプチャ画像にテキスト(文字)入力する方法

rapture(おにぎり)の設定方法

では、画面キャプチャ以外のraptureの設定方法について解説します。

おにぎりマークの変更

raptureのアイコン「おにぎりマーク」が嫌いだという人は、おにぎりマークを変更することができます。

画面キャプチャ後に、右クリックして「設定」をクリック。

おにぎり嫌い」にチェックを入れると、次にキャプチャするときには「おにぎりマーク」は消えてます。

 

raputureのアイコン「おにぎりマーク」の変更画面

キャプチャ画像を自動コピーする設定方法

キャプチャ画像を自動コピーする設定もあります。

その都度、画像をコピーするのが面倒くさい方にはおすすめです。

画面キャプチャ後に右クリックして「設定」をクリック。

自動でコピー」にチェックを入れてください。

次からは画像キャプチャした瞬間にコピーできてるので、そのまま画像編集が可能になります。

 

raputureでキャプチャ画像を自動コピーする設定方法

「Photoscape」と併用しよう!

raptureは簡単に画面をキャプチャすることが出来ます。

ただ、編集機能はイマイチなんですよね…。

なので、個人的には「rapture×Photoscape」の使い方がおすすめです。

Photoscapeとは、画像編集&加工ができる無料ツールです。

初心者でも分かりやすい方法で画像加工が出来るので、Photoscapeもおすすめです。

raptureでキャプチャした画像をPhotoscapeの豊富な編集機能で加工すれば、一気にオリジナル性を高めることが出来ます。

ぜひ、試してみてくださいね。

また、Photoscapeのダウンロード方法や使い方についてはこちらで解説してます。

ツールは適材適所で考えよう!

今回は、簡単に画面キャプチャできる無料ソフトrapture(おにぎり)の使い方と設定方法について解説しました。

raptureを活用すれば、簡単に画像キャプチャできます。

詳細の設定方法なども簡単なので初心者におすすめのツールです。

また、編集機能に物足りなさを感じるなら、Photoscapeとの併用をしていきましょう。

1つのツールで画像編集&加工をしたくなりますが、そこはツールの特性を見ながら適材適所で活用していくと良いですね。

 


 


 

OTHER POSTS